~こんな思いで「エブリチャンス」を創りました~

私は、子供の頃、音楽は身近な存在である一方、美術については、近くて遠い存在でした。高度成長期、サラリーマン家庭でも子供に習い事をさせることがトレンドになり出した時代、親も経済的に大変だったでしょうが、そんな中、4歳からピアノを始め、小学校低学年の頃、絵画、習字、そろばんの掛け持ちの毎日でした。結局、ピアノだけが中学卒業まで続き、その後はお決まりのパターンで、大学ではバンドを組んではしゃぎ、仕送りもほとんどなかったので、ピアノ弾きのバイトに明け暮れる毎日。そして就職は、芸術とは全く無縁の、むしろ真逆の金融機関に入って、いやはや結局35年間、マネーゲームにどっぷりつかる仕事に明け暮れ、あっという間に人生の大半が過ぎ、昨年会社を去って今を迎えています。

私が絵画と出会ったのは小学1年生のとき。絵画教室に通っていたときのことですが、「家族でお風呂に入っている絵を描きましょう」というテーマがあり、裸の姿は何とか色鉛筆で塗ったものの、どうしてもオヘソが恥ずかしくて描けず、先生に怪訝な顔をされたことを覚えています。やはり私には才能がなかったのでしょう。数少ない想い出ですが、「あの時の絵」というと、箱根のある老舗旅館の読書スペースの壁に掛かっていた幼い少女の絵です。当時、その絵を眺めているうちにどうしても手に入れたくなって、旅館に頼み込んだのですが、お知り合いのおばあさんが、孫を慕って描いた絵だったらしく、想い出の作品なので人手に渡すのは難しいと言われ、翌朝、名残惜しく旅館を後にしました。ところが、1か月程経ったときに、若旦那より手紙が来て、あの作品は難しいが、同じおばあさんが描いた孫の絵がいくつかあるのでと、わざわざ自宅に送ってくださいました。嬉しかった!おばあさんは、その後しばらくして他界されたと、次に旅館を訪ずれたときに聞きました。おばあさん、若旦那、本当にありがとうございました。今も自分の書斎に飾っており、観るたびに感謝の念でいっぱいです。

 

もう1つは、父が生前描いていた水彩画と油絵です。定年後の趣味として、自分の部屋で密かに描いていたようです。父が逝った後、母が家の至るところに父親の絵を飾り始めたこと、また、私が実家に帰る度に絵の配置が変わっていたことを思い出します。昨年、その母も亡くなり、ついに実家を引き払うことになりましたが、遺品として改めて父親のたくさんの作品を床に並べたとき、「親父と母の個展」を観るようでした。

 

息子の私はというと、父親のDNAは全く引継いでいないようで、趣味のダイビングの後に、水中で発見した珍しい魚や珊瑚を三色ペンで落書きすることぐらいしかできないレベルです。

でも、そんな私でさえ、最近、絵を観て、心も体も吸い込まれるような瞬間におそわれるときがあります。額縁の中にいる自分を感じたり、心の音が聴こえたり。自分が人物画の被写体そのものになって怒ったり笑ったりも。静画は動かず平べったいものですが、立体的というかリアルな空気に包まれることがあります。

絵にはいろいろな楽しみ方がありますね。どのように楽しんでも自由だと思うようになりました。有名な誰かが描いたからとか、誰かが推薦しているからとか、そんなことより、とにかく自分の感性にささる絵と出逢いたいなと思います。音楽もそうですよね。そして、純粋にささる絵を創るアーティストが世の中にもっと増えて、もっといろいろな方々から注目されるようになればいいのになあと思っています。

そこで今回、この美術館を創った背景を申し上げると・・・

美術館や画廊に足を運ぶヒト、自宅に小さい額の絵でもいいので1枚でも飾っているヒト、その割合は欧米と比較してはるかに少ないようです。

「身近に気軽に純粋に、芸術を実感できる場所や空間が少ない」「アートの楽しみ方自体がわからない」「好きな作品と出逢いたいが、画廊は高額で敷居が高い」という方々が多いと思います。芸術分野で隠れた才能ある逸材を発掘し育てていこうというマインドや、バックアップする環境整備が遅れているからかもしれません。

また、未来のプロアーティストを目指す芸術活動家の方々にとっても切実な悩みがありますよね。

「作品を披露する機会が少ない、自分の才能を確認できる場がない」「正直にきめ細かく感想を言ってくれる相手がいない」「技法を磨きたいけど、自由で気軽に交流できる場所や機会がない」「プロになりたいが、方法がわからない、きっかけがつかめない」「プロへの道のりが遠く感じる、そこまで頑張れる気持ちが続かない」「作品をおカネにつなげたいが、上手くいかない。続けていても生活ができない」

目に見えないしがらみというか登竜門的な厚い壁があって・・・そんな感じでしょうか。

アートだからこそ、描く側も観る側ももっと開かれた世界で、みんなで盛り立てていけないだろうか?インターネット、SNSが当たり前の時代、機会均等で、もっとやる気の出る仕組みができるはず、そんな素朴な気持ちが引き金になって、「エブリチャンス」(EVERY CHANCE for Everyone)という会社を立ち上げました。

 未来のアーティスト候補が、誰でも身近に挑戦するチャンスがあり、早い段階から広く世の中に認知され、そして評価される枠組みを新たに作りたいと考えています。そのためにも、今までにないコンセプトとコンテンツによって、作る側にとっても観る側にとっても素直に楽しい、いわば「アーティスト・フォロワー・スポンサーみんなで芸術を盛り上げるプラットフォーム」を構築したいと思います。それが、「わくわくWeb美術館」です。

 少しでも早く新型コロナウィルスが収束して、当たり前に美術館に足を運べる日々が戻ってくることを切に望んでいます。「わくわくWeb美術館」は、収束後のライフスタイルの中でも、リアルな美術館と併用して楽しんで頂けるよう、独自のコンテンツやわくわくする企画を開発・提供していく予定です。

 この美術館では、美大生、フリーの芸術家ほか、芸術好きの方だれもがアーティストです。そして、写実画、抽象画、現代アート、デザイン画、イラスト画ほか様々なアートが楽しめる空間にしたいと考えています。


より多くの方々にこの思いにご賛同頂き、「わくわくWeb美術館」(通称「わく美」と呼んでください!)への応援、是非よろしくお願い致します。

エブリチャンス 代表
川添 隆司